蒼天航路 〜ドローンと空撮のブログ〜

Drone Aerial Shoot ドローンを使った空撮屋のブログです。 その他にも、空モノ・ドローンを中心としたラジコン関連の雑感なども書いていきます。

MicroDrone 装備

FPVゴーグル EV800D 買ったよ

投稿日:

FPVゴーグル Eachine EV800D 買ったよ

マイクロドローンやるとなるとFPVゴーグルも必要なわけです。

最初なので安いやつ。バングッドのポイントで買えるやつ。1万以下でオールインワンのやつって感じで、Eachine のEV800Dを買いました。

FPVゴーグル選びのポイント

既にいろんなところで書かれているので、簡単にしか書きませんが、筆者が気にしたゴーグル選びのポイントです。

1眼式か2眼式か?

1眼タイプ

1眼式は装着すると目の前に大きなスクリーンがあるようなものです。対して2眼式はよりリアルというか、没入感の面で軍配が上がります。カッコもいいですね(笑)しかし没入感のあまり酔いやすいです。

あえて1眼のEV800Dにしたのは、所有しているDJIゴーグルも1眼で、こっちのほうが慣れてるかな?と思ったのと、酔いに弱いのと、レンズ外して単体モニターになるのが気に入ったから。ネジ穴が切ってるので三脚につけれたりもします。DJI機を飛ばしていると、こっちのほうが違和感少なかったりします。慣れの問題ですが。

なんせ僕は50インチのモニターでシミュレーターするだけで酔っちゃうので。。マイクロFPV向いてないのかも(笑)ANGLEやHRIZONモードの時はまだいいんです。アクロでやると酔います。機体の動きと自分の感覚にまだかなりのズレがあるんですよね。。

2眼タイプ

2眼の入門用としては、同じくEachineのEV100(DVR機能無し)、値段は倍しますが1280×720と高精細液晶、DVR機能も積んだEV200D かと。

EV100は高級FPVゴーグル「FatShark」の対抗機ということで、「FatSharkキラー」などと呼ばれています。FatSharkはディスプレイ部、受信部などが別になっていることから、「FatSharkの受信モジュールをEV100に付ける」なんて事までやられてますね。 FatShark涙目ちゃうのかなw

その他のチェックポイント

外部入出力端子の有無

これも要チェックです。外部入力があると、別体の三脚立て式のような大きい高感度FPVアンテナ→VRX(受信機)を経由して生成された映像信号を入力できます。これは将来的に安定したFPVをするには大事な装備です。FHD液晶を搭載するEV900がHDMI入力装備だったので、EV800Dも装備してると思って買ったらこちらはコンポジットでした。。orz  でもアナログのほうがHDMIより遅延が少ないはずですね。

DVR機能の有無

録画機能の有無です。Runcam Split mini2 のように、本体のSDに2K映像を記録できるタイプのカメラを積んでいれば必須機能ではないですが、録画機能があると、機体のSDカードに録画した2K映像と、ゴーグルの映像をPinPで重ねたり出来るのでYoutube用としてはやっぱいいですよね。

できれば欲しい機能です。FHD液晶を装備するEV900 にはこの機能がないので、やっぱりEV800Dでよかったかな~ とも思えます。

ちなみにDVR機能がないゴーグルでも外付けDVRモジュールが売ってるので、ゴーグルに映像出力端子があればそのモジュールに入力することで録画は可能。

モジュール別か?オールインワンか?

FatSharkなどの高級ゴーグル(?)は受信モジュール、バッテリーなどすべて別になっているものもあります。カスタマイズが効く半面、高くつく場合も。Eachineのは安い・オールインワンでコスパいいです。

共通。FPVゴーグルに求められる性能として1番大事な部分

高感度であること

ノイズだらけだと困ってしまいます。受信感度を上げるための交換用アンテナがゴーグル用、機体用でそれぞれ売られています。

低レイテンシ(低遅延)であること

1/100秒を争うレースの世界では映像の遅延は大敵です。そのため遅延の少ないアナログ送受信を使います。デジタルだとAD変換が必要な分、どうしても遅延が出ますので。この遅延を抑えるという意味で、各社凌ぎを削っているわけです。

高解像度、画質であること

画面が高精細なほど、遠くまでよく見渡せます。情報量が多いので、遠くの障害物を早く見つけられる。

これらに注意して、自分に合ったゴーグルを選びましょう。

Eachine EV800D 唯一のトラブル

レビューを書こうと思ったのですが、普通すぎて。。w本当に何も不満ありません(笑)

1眼式FPVゴーグルとして、とても使いやすいです。キノコ型とプレート型のアンテナ2本&ダイバーシティ受信なので感度も良好です。今の自分のレベルでは遅延を感じるほどの飛ばし方をしていませんので、もっとうまくアクロモードでビュンビュン飛ばせるようになるまできっちり使い倒したいと思います。

ただ一つ、購入当初ハマったことを書きます。

Eachine EV800D 電源入れて少しすると 電源が落ちる 場合の対処

これ、ハマりました。電源入れて数十秒から1分程度で、いきなり電源が落ちて真っ暗になるのです。

飛行中になったりすると、機体が遠くにある場合などでは機体を失いかねません。

日本語で「EV800D 電源 落ちる」 などと検索しても一切情報なし。

「EV800D Power down」と英語でググったら同じようなトラブルを抱えている人がYoutubeにアップしていたので貼っておきます。

DVR用のSDカードが悪さしていました。

SDカードのフォーマット形式が違うと落ちます。入れたSDがFAT32でフォーマットしているのはわかっていたので大丈夫だと思っていたのですが、ファイルアロケーションサイズ(クラスタサイズ)が違っていました。プロパティで見たら「4096バイト」になっていましたので、「FAT32で標準のアロケーションサイズ」でフォーマットすると改善し、落ちなくなりました。レアケースかもしれませんが一応情報まで。

まとめ

Eachine EV800Dは全部入り&安いので、バングッドやAmazonを見ても1眼ゴーグルの代表選手として不動の地位を獲得していると思います。

「間違いない」です。

受信側がいくら高精細でも送信側(VTX側)が何TVLで送ってきているのか?も問題ですし。荒い画像しか送っていなければ、表示部だけが高精細でも意味ないですからね。800×480のディスプレイは必要にして十分かと。

もう少ししたら2眼式で値段が倍のEV200Dや、FatSharkも購入してみようかな とは思うのでした。

-MicroDrone, 装備
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマートウォッチ Zeblaze THOR 4 が安定して使えるようになってきたので環境を晒すよ

Contents1 Zeblaze THOR 4 が安定してきたよ2 THOR 4 インストールしたアプリ2.1 ユーティリティ系2.1.1 戻るボタン でハードボタン保護2.1.2 iBattery …

最新CPU intel i7 8700K で4K編集はどのくらいできるのか?

Contents1 最新CPU i7 8700K でPC組んだよ2 第2世代 i7 2600 VS 第8世代 i7 8700K で速さを比較3 4K 60P エンコードテスト実施3.1 ソフトの使用感 …

購入術 2018年最新版 DJIドローンを安くお得に安く買う方法♪

Contents1 2018年 最新版 DJIのドローンをお得に安く買う♪2 MAVIC AIR コンボ …どこで買う?3 楽天スーパーポイントアップ(SPU)の内容が変わった3.1 楽天SPUの条件 …

DJIのセール DRONEGENICスペシャルオファー

Contents1 DJIストアで最大36%OFFのセール開催中 DRONEGENICスペシャルオファー1.1 DRONEGENICスペシャルオファー セール期間は?1.2 DRONEGENICスペシ …

Phantom4Pro 現場でのバッテリー充電の話 その3 サブバッテリー

Contents1 サブバッテリーの設置についての考察2 サブバッテリーの容量を考える2.1 ちょっと寄り道。バッテリーの容量表記について2.2 続き。ではP4Pのバッテリーを8本充電できる容量とは? …

カテゴリー

名前 : 岡崎 慎一

5歳でトイラジに出会い、それ以来ブランクはあれどずっとラジコン好き。
とあるアーティストのMV撮影でDJI INSPIREでの撮影を目の当たりにしてドローン空撮を志す。現在はそのMV撮影時に飛ばしていた人に師事。

ドローンの他、登山とマラソンとロードバイクと天体撮影とラジコンと音楽とデリカスペースギアとPCとカレーが好き。 これら全部を活かして、旅をしながら稼げるバックパッカーとなり世界一周に憧れてます!
空撮のご依頼、その他ご連絡はこちら

sin.okazaki@gmail.com

FB https://www.facebook.com/sin.okazaki
車載PCのブログ carpc-build.com