蒼天航路 〜ドローンと空撮のブログ〜

Drone Aerial Shoot ドローンを使った空撮屋のブログです。 その他にも、空モノ・ドローンを中心としたラジコン関連の雑感なども書いていきます。

4K 空撮動画 Aerialshoot 装備

CUDAとCPUとグラボの関係

投稿日:

CUDA働いてんのか?ってのが気になった..

昨日書いた記事で、「PremiereProCCのエンコードの際、CUDAって働いてんのか?」てこのがどうしても気になったので追加で検証してみました。

使用機材

  • CPU 第2世代 i7 2600 (4コア8スレッド 3.4GHz Sandy Bridge)
  • マザーボード ASUS P8H67-V
  • グラフィック ELSA GeForce GTX 1050 2GB S.A.C
  • メモリ 16GB(8GB×2) DDR3 1333
  • SSD Samsung 240GB
  • 電源 玄人志向550W
  • CPUクーラー 虎徹(巨大空冷)
  • ケース ANTEC の静音ケース SOLO
  • OS Win10 Pro

i7 8700Kはオーナーの元に送ったので、我が家の機材のみでの検証。

4K60P CUDA 有無エンコード テスト内容

同じ素材・同じ尺(同じプロジェクト)・同じ出力設定において、以下の4つの出力を試します。

  • CUDA ON / フィルター無し
  • CUDA ON / フィルターあり
  • CUDA OFF / フィルター無し
  • CUDA OFF / フィルターあり

コーデック H264.  / ビットレート 20Mbps  / VBR1パス

先に・・フィルターありで書きだしたファイルはこちら。わかりやすく、どぎついフィルターをかけております。

 

CUDAのON/OFF設定方法

一応書いておきます。PremiereProCCの場合、ファイル→プロジェクト設定→一般設定 のココをいじります。

 

4K60P エンコード結果

結果から書きます。

  1. CUDA ON / フィルター無し → 10分50秒 まぁ、予想通り。前回と殆ど変わらず。誤差のレベル
  2. CUDA ON / フィルターあり → 18分02秒
  3. CUDA OFF / フィルター無し → 11分3秒 前回と同じ。1とほぼ変わらず。
  4. CUDA OFF / フィルターあり → いきなり「残り時間2時間以上」の表示。途中でやめて測定せず

予想通りでした。ここまで劇的に違うとは。もう少し詳しく見ていきます。

4K60P エンコード 詳細解説

上の結果をもう少し詳しく見ていきます。

2017年10月のWindows10の大型アップデートより、タスクマネージャでGPUの仕事の具合が見れるようになったそうです。なので、エンコード中にタスクマネージャを起動させてGPUの様子をスクショしましたので見比べてください。

1.CUDA ON / フィルター無し 10分50秒

前回感じた通り、CUDAがオンにも関わらず、GPUが全く働いていません。書き出し開始を押した瞬間に一瞬グラフが上がるものの、あとは全く働きませんでした。

2.CUDA ON / フィルターあり 18分02秒

フィルター有りにするとGPUが働いています。CopyとCompute_0 というもののグラフが常に上がっていて、全体で常時30~40%と表示されていました。CUDAが働いてエンコードが速くなっていると考えていいでしょう。

3.CUDA OFF / フィルター無し 11分3秒

CUDAが無いにも関わらず、1のCUDA ON / フィルター無し と変わらないタイム。

だって、1ではCUDA ON の設定でも、CUDAは働いてないんだから同じタイムなのは当然ですね。

要は、このタイムがCPUの「地力」を示すと思われます。

i7 2600 の場合は実時間の約5.5倍かかる。

CPUの性能をアップさせなければエンコードタイムをこれ以上縮めるのは難しいということだと思います。

4.CUDA OFF / フィルターあり 遅すぎて測定せず

問題の設定(笑)同じプロジェクトファイルを開いて、premiereの設定でCUDAオフにした途端、ソフトの動きが遅くなる。

書き出し開始を押した途端「2時間」の文字。スクショは1時間50分ですが、その後また増えたり、減ったりしてました。どんなに贔屓目で見ても確実に1時間はオーバーしたでしょう。また、もう送ってしまって手元に無いので試せませんが、いくら最新の8700Kだったとしても、前回のテストでi7 2600の2倍弱だった事を考えると、2600+CUDAの方が速いのではないかと思います。ただ、8700Kにはハードウェアエンコーダーが乗っかってるのでこれがどの程度頑張れるのか?は気になるところ。

4K60P CUDA 結論

今回のテストから、以下の事が言えると思います。

CUDAの恩恵は、フィルターをかけない限りはほぼ無い。

実験の通りです。なので、フィルターかけない時はCPU性能アップがそのままエンコード時間の短縮に繋がると言えます。この意味でCPUの高速化は必須。

フィルターをかける場合(殆どの場合かけると思いますが)はCUDA必須。

フィルターをかけると、当然ながらエンコード前に「フィルターがかかったコマ」を作る作業があり、それをエンコードする事になる。

CUDAが無いとそれらすべてをCPUでやる事になり、最新CPUであってもとても遅くなるのではないかと。体感的にフィルター無しの場合の5~10倍程度の時間が必要かも。

CUDAがある場合はどういう処理の振り分けか?はわからないがCPUとGPUで作業が分配されて、結果、高速になる。(おそらくフィルター処理をGPUが担当?)

CUDAが使えないソフトだとどうなってしまうのか?逆に興味がある(笑)

結論ありません → GeForce か? Quadroか? Radeonか? CUDAか? ATI Streamか?

今回は我が家の構成がNVIDIA GeForce GTX1050だったことから、CUDAに焦点を当てましたが、NVIDIAからはGeForceの他にもQuadroという製品も出ているわけで。QuadroでもCUDAの恩恵に預かれる。どっちが動画編集向きか?と言われると、一般的にはGeForceはゲーム用、Quadroはクリエイター用って事でQuadroに分があるというイメージもありますね。

更にAMDからはRadeonが出ていて、ATI StreamというAMD版CUDAって感じの同じ技術がある。

どれがいいのか?は予算もあるし動画編集ソフトによってCUDAにしか対応してないもの、両対応のもの色々あるのでそれによるとも思う。両方に対応してないソフトの場合はCPUの速さに依存することになる。

ただ、今回の実験から4K編集に快適なPCの必須条件はある程度分かってくると思います。

全部当たり前ではあるんだけれど・・・

高速なCPU

CUDAを使おうが使うまいが、エンコード時間の短縮にはGPUと共にまず重要。出来るだけ速いもの。

高速なグラボ

CUDAを使う事でCPUのみの時と比べて「劇的に」速くなる。(特に低速CPUの場合?w)レンダリング全般を高速化するので、エンコード時間短縮だけじゃなく、編集時の快適さにも大きく寄与する。

高速&大容量なメモリ

メモリの速さもエンコード時間の短縮に寄与すると思うが、どの程度か?は不明。最低16GBは欲しい。

高速なSSD

最近はCPUやメモリバスの高速化に伴い、SATAの速度が足りなくなってきており、ストレージの遅さがPC全体の速さの足を引っ張る原因になっている。昔のIDE的な。状況。

SSDの速さはエンコードのタイムにはそれほど関係ないと思う。今回、エンコード中にタスクマネージャを見てた時もディスクアクセスはほぼ無かった。ただ、大きな動画データをいくつも切り貼りするような「編集時」にはSSDの速さは編集の快適性に直結する。

エンコードは寝てる時にすればいいので、とにかく快適に編集出来る事が最低限必要。

という事は言える。

その意味では我が家のPCはギリギリって感じかも笑

一度、16コア&Quadroのボードでどんなもんなのか?経験したいものである。

 

 

-4K, 空撮動画 Aerialshoot, 装備
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

4K動画編集もサクサクのモバイルノート HUAWEI Mate book X Pro レビュー

Contents1 4K60P編集もサクサク出来るノートPCを考える。2 4K編集もサクサクのモバイルノートとは?2019年ノートPC事情2.1 なんで1kgクラスには6コア12スレのi7 8750H …

DJI MAVIC 2 発表! 1インチハッセルブラッドカメラ搭載のMAVIC 2 PRO・光学ズーム装備のMAVIC 2 Zoom の2機種を徹底比較!

Contents1 DJI MAVIC 2 PRO と MAVIC 2 Zoom 発表!2機種の詳細を紹介・比較してみる。2 MAVIC 2 は MAVIC 2 PRO と MAVIC 2 Zoom …

今さら MAVIC AIR 購入!レビュー

Contents1 MAVIC AIR 買いました!2 MAVIC AIR 開封の儀3 MAVIC AIRのバッテリーについて3.1 バッテリーを3本同時に充電する充電器3.2 社外品の充電器って大丈 …

DJI PHANTOM4PRO 2回目の修理 DJI JAPANアフターサービスセンターで直したよ 前編

Contents1 DJI PHANTOM4PRO 初めてのガチ墜落1.1 反省点1.1.1 DJI JAPAN への問い合わせ内容1.1.2 DJI JAPANからの返信内容1.2 墜落時の操作1. …

ドローンで使える資格 第2級陸上特殊無線技士 の免許来たよ

第2級陸上特殊無線技士 の免許来た! 仕事が忙しく、全く更新できず。お久しぶりです。 4月18日・19日に豊洲で講習を受けて取得した、 第2級陸上特殊無線技士の免許証が忘れた頃に届きました。 国家資格 …

カテゴリー

名前 : 岡崎 慎一

5歳でトイラジに出会い、それ以来ブランクはあれどずっとラジコン好き。
とあるアーティストのMV撮影でDJI INSPIREでの撮影を目の当たりにしてドローン空撮を志す。現在はそのMV撮影時に飛ばしていた人に師事。

ドローンの他、登山とマラソンとロードバイクと天体撮影とラジコンと音楽とデリカスペースギアとPCとカレーが好き。 これら全部を活かして、旅をしながら稼げるバックパッカーとなり世界一周に憧れてます!
空撮のご依頼、その他ご連絡はこちら

sin.okazaki@gmail.com

FB https://www.facebook.com/sin.okazaki
車載PCのブログ carpc-build.com